Hiroki Tominaga – Atelier

たむら歯科 / tamura dental clinic

HMTC_101_DN36024_L-min

HMTC_105_DC56558_L-min

たむら歯科断面

折上げ天井の歯科医院
東向島駅徒歩3分。コロッケの買える肉屋が残るような風情ある下町に建つマンション1Fに入る歯科医院である。
子ども連れから障害者まで、普段歯医者に来にくい患者さんが来られるようにしたいということで、なるべく敷居の低い歯医者にすることを設計の手掛かりとした。
診察室と待合室の関係の分断をなるべく少なくするため、受付を待合の中央に半島状にせり出させた。入口と反対側の小上がりのキッズスペースは、受付から見守る視線を確保するとともに、診察室との間をガラス張りにし、診察中の親の視線がキッズスペースに届く構成とし、診察への心理的な敷居を低くしている。
また元々の上階の躯体によって建物の奥だけ天井高さが低くなっていたため、このギャップを埋めるために手前部分を幾何学的に折り上げることで、受付と待合やキッズスペースが折上げ天井を共有する断面構成とした。この折上げ天井により平面的な分節を再度接続しながら、リズミカルに診察室へとつながっていくことで、診療される側とする側の柔らかなつながりを目指した。
折上げ天井には間接照明が埋め込まれ、診察中天井を見る時間の多い歯科医院での体験を楽しくすると当時に、光源が目に入らないよう配慮している。
ファサードは通りから駐車場分奥まっている分、なるべくオープンにすることを目指し、木建具を使い、パン屋さんのように入りやすいデザインとした。
>たむら歯科

Photo Takumi Ota

HMTC_103_DC56581_L-min

HMTC_106_DC56509_L-min

HMTC_107_DC56393_L-min

HMTC_112_DC56525_L-min

HMTC_102B_DN36014_L-min