川口ゲストハウス / Guest house in Kawaguchi


川口の古い商店街に面した日本家屋2つの蔵が残る敷地があり、これをゲストハウスとして活用していこうという計画です。その第一期計画として通りに面した大谷石の蔵を増築、改修します。既存蔵の屋根を外し、蔵に隣接した建物をもう一つ建て、そこを横断して架かる木造架構の横つなぎを大谷石によってサポートしながら、大谷石の蔵の内外をひとつなぎの空間に統合します。住むことと泊まることの間に必要な空間や関係性を、戦前から使われてきた大谷石の蔵の再編と、地場産の杉材の対比の中に編み込みながら、失われつつある商店の町並みの時間軸を未来に引き継いでいく計画です。(2022竣工予定)