Hiroki Tominaga Atelier blog

【andozaka COIN】工房を改修中

2013年7月30日 by htominaga

デッキテラスのコワーキングことandozaka COINの1Fガレージを工房として本格利用するための工事を行いました。

もともとぐるっとモルタル仕上げでとっかかりがない壁でしたが、これにとっかかりをつくることが工房の壁としての在り方のように思えました。
とは言え、間柱入れて木の壁を仕上げていくのは、ちょっと大掛かりすぎるし、現状復帰が困難。

ということで今回は一般的に収納内に使われるガチャ柱を大量に使用することしました。
まず墨出しをして、モルタル壁にドリルで穴を開け、カールプラグというビス受けになるサヤを埋め込んで行きます。
さすがにDIYは大変なので、前回のCOINの本工事をしていただいたリョーコーホームと大工さんに来ていただきました。

カールプラグ埋め込み

とは言えこれで全工程のほぼ4分の3は終了。
これならパテ埋めして塗装すれば現状復帰も楽です。
続いてガチャ柱を取り付けていきます。
7mmの太さのガチャ柱が150mmピッチに並ぶので雨のようになりました。

ガチャ柱

今回はガチャ柱と棚受けをお寺の屋根を支える木組み(斗栱)に見立て、上に行くほど棚が飛び出しているデザインとしました。
なるべく軒先を持ち出すために発達した様式ですが、棚に見立てると、頭の上に出る高さほど棚が飛び出るので非常に合理的。

斗栱

棚板を乗せてみたところ。
棚板は無塗装の杉集成材です。ガチャ柱から棚板まで全てネットで分離発注しました。

大掛かりな工事はほぼこれで終わりですが
この他に照明の花が咲いたような大テーブルが中央に来る予定です。
乞うご期待。

IMG_9873