Hiroki Tominaga – Atelier

縁側の家(PROJECT) / house of open corridor

A0111-1024x768

東京郊外、ミニ開発の土地の1区画に立つ住宅

    A0121

メインボリュームに張り付いた縁側からスタートし、要望や敷地に併せて少しずつ変化していきました

A0131-1024x768

1F平面図

A0141-1024x682

田の字プランの各階平面図

A0151-1024x682

1Fダイニングとテーブルのような縁側

A0161-1024x682
1Fリビングと和室の奥に縁側

A0171-1024x682
2Fテラスから縁側が上に伸びたプランターボックス

A0181-1024x682
敷地角の樹木に向かって拡張された縁側

A0191-1024x682
和室上をロフトとし、リビングは高い天井高になっています。

東京郊外のミニ開発敷地に建つ戸建住宅の計画。
ここでは縁側がデザインのスタートとして設定されました。
縁側という空間は、その様式を住宅の近代化の過程で形骸化させてきたものだが、依然としてその実体験の有無を問わず、日本人であれば誰しもが馴染み深い体験をもつ空間です。
この縁側(くれ縁)を居室と庭との間に取り付くチューブ状の緩衝空間という形式として再解釈し、縁側を庭と居室とそこに起こりうるアクティビティの関係性の中で柔らかく形を変化させていきます。
田の字平面の母屋に貫入して机や明かりとりになったり、母屋から離れて玄関となったり、分岐して庭の隅の樹木を捉えて書斎のようになったりします。
また部分的に縦に伸びて、鉢植えになったりトップライトになって、上階とのつながりも生み出しています。
余剰空間としての縁側をどれくらい成長させられるかを、プランニングとのフィードバックの中で考えています。